男の料理は気分次第

とことん本気だったり、とことん手抜きだったり、ただの思い付きだったり。。そんな男の気まぐれ料理ブログです

簡単・手抜きトマトソースパスタ

今回もパスタです。パスタばかり紹介しておりますが私イタリアンのシェフではございません(^_^;)でもバーで働いたりしているとよく作るんで昔勉強しました。

あとパスタは料理の基本が学べるので初心者には必須科目です。若い頃は家での朝飯と夜飯はパスタ作って食べてましたよ。。。

 

さてさて、今日はトマトソースのパスタです。トマトソースと言ってもホールトマトの缶詰をジューサーにかけるだけです。種を濾したりなんてしません。そんな細かいことを家で作るときに気にすると料理が嫌になりますからね。家では手を抜く!大事なことです(^_^;)

 

今回も動画作っておきました。相変わらずの手抜き動画となっております(^_^;)ナレーションもいつも通り適当でございます。それにしてもわたし「はい」って口癖なんですね(^_^;)何回言ってるのかな?

 材料

材料はだいたいです。ホールトマトは1缶ジューサーにかけますが使うのは100ml~150mlくらいです。

パスタ 90g
ホールトマト 150ml
オリーブオイル 15ml
にんにく 1片
とうがらし 好みで
適量
バジル あれば
パルメザンチーズ 適量

つくりかた

まずはホールトマトの缶詰をジューサーにかけます。どばっと入れちゃいましょう(^.^)ジューサーはそんなにいっぱい回さなくてもいいです。トマトがきれいに潰れてくれればOKです。

今回種を取り除いたりはしません。でももし気になる方はザルで濾してください。なかなか面倒なのでたぶん嫌になると思いますけど(^_^;)

f:id:inwan:20160211144208j:plain

できあがったら容器に移して保存しましょう。100均で売っている500mlの容器が便利です。写真じゃわかりづらいですが縦長の容器です。液体とかはこういうタッパが使いやすいです。

f:id:inwan:20160211144928j:plain

 

ではフライパンにオリーブオイルとにんにくと唐辛子を入れて火にかけます。にんにくは潰したものを入れてます。唐辛子は好みで入れてください。無くてもたくさんでもお好きにしてください。

 

パスタはソースを作り始めるときに茹で始めるくらいが良いと思います。簡単なソースなら茹であがりに余裕で間に合います。

f:id:inwan:20160211145227j:plain

 

にんにくと唐辛子は香りを移したらグッバイです。

でホールトマトを入れます。入れるときは油がはじくことがあるので気を付けてください。

入れたら鍋を回して油とトマトを馴染ませます。馴染ませないといつまでも油がバチバチはじいて危ないしうるさいです(^_^;)

f:id:inwan:20160211145357j:plain

 

しばらく煮ます。煮詰めることでトマトソースが美味しくなります。塩をちょこっとたしておきます。バジルは無くてもいいです。ていうか家に普通ないしね。オシャレ感を出したいなら買ってきましょう(^.^)

f:id:inwan:20160211145454j:plain

 ソースが程良く煮詰まったらパスタが茹であがるまで火を消して放置しておきます。

 

パスタが茹であがったらソースと絡めます。あまりにもソースが冷えていたら火を付けて温めますが、たいして冷えて無ければ火を付けなくてもOKです。

味見をしてちょうどいい塩加減にしましょう。仕上げにエクストラバージンオリーブオイルを加えると本格風です。

f:id:inwan:20160211145657j:plain

 

あとは皿に盛りつけて完成です。3回くらいに分けてクルクルとひねって盛れば高く盛れます。

パルメザンチーズは好きなだけかけてください。

好みでブラックペッパーをかけても良いです。

適当に作っているのに本格風な仕上がりですね(^.^)v(自画自賛)

f:id:inwan:20160211150120j:plain

あとがき

家で作るトマトソースのパスタはこれで十分です。なのであとは具を変えるだけで色々作れちゃいます。ベーコン入れたり、なすを使ってみたり、オシャレにモッツァレラチーズ入れてみたり、シーフードとかでもいいですね。こうやって無限にレシピを生み出せるわけです。これでブログのネタに困ることはないってわけですよ(^v^)